互換ソフトの値段

AUTO CADは非常に高価なソフトウェアです。ソフト購入の費用に加え更新費用もかかりますから、トータルで計算すると相当な出費になります。一方互換ソフトは購入価格、更新価格共に安く設定されているものが多く、コストをおさえる事が可能です

費用どれだけ費用がおさえられるかは導入するソフトによって変わりますが、一般的にAUTO CADが年間で一ライセンスあたり十数万程度かかるのに対し、互換ソフトは数万円程度で価格設定されている事が多いです。更新費用のかからない永久ライセンスを発行している会社もあります

業務でAUTO CADを使う企業は多くありますが、使用者全員が全ての機能を使うわけではありません。取引先から受け取るデータを閲覧するだけの場合もあります。閲覧に最新の機能は不要ですが、相手とこちらのソフトのバージョンが合わないとファイルを開けない場合もあります。しかし閲覧のためだけに一人当たり年間十数万の経費が発生するのは費用効率が悪く、今後の経営にも影響しかねません。

販売会社独自の研究により、AUTO CADとの互換性は年々向上しています。企業でも個人でも、自身のニーズに合ったソフトを選ぶ事でAUTO CAD導入の費用をおさえる事ができます。