AUTO CADを安く導入

AUTO CADは非常に便利なソフトですが、その分値段も高く、欲しいと思っても気軽には導入できません。しかし現在の設計業務にCAD環境は必須です。社内のみで完結する業務ならCADソフトを導入なしでも業務は成り立つかもしれませんが、社外との取引が発生する場合はそうもいきません。社外より送られたCADデータの閲覧するためには、こちらもソフトを導入する必要があります。

AUTO CADAUTO CADは年々進化し、新しいバージョンが販売されています。使用にはライセンスの購入が必要ですが、更新費用が高額なためにやむなく古いバージョンのまま使用しているユーザーも少なくありません。しかしこれでは新しいバージョンで作られたファイルは閲覧できない可能性もありますし、サポートが終了したバージョンはセキュリティ面での不安も出ます。

AUTO CAD導入の費用をおさえる方法の一つとして、互換ソフトウェアの導入があります。それぞれの企業が独自に開発したソフトのため価格が安く設定されています。安いソフトだと機能に不安を覚えるかもしれませんが、AUTO CADの代わりとして目的に作られたソフトですから操作性やファイルの互換性はAUTO CADとほぼ同等です。

互換ソフトの導入は個人だけではなく、最近は企業での導入例も増えています。互換ソフトと聞くとコンプライアンス上の問題があるのではと心配される方もいますが、販売会社にて法律違反のない開発をしているのなら問題はありません。当サイトでは互換ソフトの機能値段について解説します。